モノクロミズム

日記やゲーム話にらくがきを交えつつ。

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 輝かしき明日かな。 


不肖久樹、明日からフリーです。


近況と愚痴と本音が入り交じったアレな記事だよ!!

長い上に口も悪いから気を付けてね!!
はいこんばんは、昨日の今日の久樹です。


仕事やめました。


みたいなバトンあったよね。
別に釣りじゃないんですよ。ガチですよ。



ここ半年あまりのことをあまりきちんと話していなかったと思うので、メモついでに記しておこう。

事は3月少しまえ。
私は就職先にありつけずどこでバイトすっかなー状態だったんですが、大学の紹介でとある会社に入ることになりました。

そらもう念願のwebデザイナー職ですから私飛び付いて頑張りましたとも。
他にももちろん商品運んだり発送したり注文処理したりといろいろしましたとも。
仕事は文句なしに楽しかった。

一緒に働いてた社員さんやパートさんもなんだかんだでみんないい人で、総員10人ちょいしかいない職場だったし、縦社会なんてものもなく和気あいあいと仕事してた。楽しかった。

理想じゃねーの。片道2時間くらいどうってことないくらい楽しいの。

でもそれらを鑑みても辞めたくなる理由があったのよ。

上層部。
上層部というか、経営の親子。

素人目から見ても後先考えてない経営、言うことが日々ころころ変わるし嘘もつく。ほとんど職場を見ていなくて、仕事には過程があると思ってない、結果としてしか見ていやしない。会社として、雇い主として必要な手続きすら踏めてない。客人に対する礼儀ゼロ。

仕事と社員はいい人ばかりだからブラック企業とも言い切れなくて、
あー、この絶望感を何て表現すりゃいいんだろうね、私の文章力じゃ無理です。

ただ、10人ちょいしかいない社員を一切において信用していないことだけはよくわかった。

社員は少ないのに、ひと月に平均2人辞めていく。
主に上層部からの無茶ぶりに耐えかねて。
勢い込んで自ら引き抜きスカウトしたエリートすら一ヶ月であっさりクビ切るんだよ。

あー、私失敗したんだなーと思いました。
目先の就職先につられてろくに話も聞かず飛び付いた私がバカだったと。

私もそれまで仕事を頑張ってて、ものの数分前までべた褒めしてたくせに、たった一度の本当に小さなミスですべての評価がマイナスにされましたから。
来客があったとき私だけ外に一時間追い出して、その客に私の悪口言ってたときは泣きたいというか呆れ果てました。

大学の就職担当の人にも全部話して、いつでもドロップアウトできるよう、適当に理由をつけて正社員からバイトに格下げしてもらいました。

その上層部に辞めるって話をしたのが約2ヶ月前。

同席していたとある正社員志望者さんが辞めさせられていました。
理由は「払えるお給料がない」。
求人出してたのに?

(※そのあと一ヶ月もしないうちに新しい人を雇い入れてました


ここだなって思いました。
理由は適当につけました。いい加減呆れ疲れたからなんて言えないから。
私より後に入って先にやめていった人数が、ものの4ヶ月ほどで10人になっていました。
(現社員7名)



さて、そんなこんなで、最終日。
ある意味逃げの一手の私を見送ってくれた心優しき社員の皆様、本当にありがとうございました。
プレゼント大事に使います。
頑張ってください。また利用します。

そして上層部。
本当にあんたらいなくなるやつには一切興味ねぇんだな。
一週間前から長い間ご苦労様とか言ってきてる時点で舌打ちものだけど、最後の挨拶すらろくにさせねぇんだな。
挨拶の電話かけたらほんとに適当に相づちうってんの。
腹立ったのでやっぱり適当に切りました。
持っていこうと思った菓子包みは明日からの私のおやつです。



以上、私の半年ダイジェスト。


本当に上層部以外はとてもいい会社だったんで、本当に名残惜しいです。
でも、自分を必要としない、むしろ疎ましく思ってる連中にこれから尽くしていけるかと言われると即座にNoでした。

もしかしたら甘ったれかと思われるかもしれませんけど、うん…
辞めるのも勇気ですよね…うん…。

ちなみに上層部では現社員を「反抗的」とみなしてこっそりとある計画をたてているそうで。
世の中こんなくだらない会社もそうないと信じています。



というわけで。

11月付けでしばらくの間自宅警備員に配属されることになりました。
頭を冷やして、再スタートきる準備を始めます。
今度こそ焦らないで考えて。



関連記事

* Comment Form

  • URL:
  • comment:
  • password:

ありがとうございます。
そう言っていただけるとちょっと気が楽になります(´`)

弾丸のたとえ、大変わかりやすいです。納得いきました。
弾丸を詰める銃の手入れもそこそこに撃ち込んでいる感じです。そのうち壊れますね…。

2011/11/05(土) |URL|久樹 [edit]

大変でしたね。働くのは長いですから、職場が合わないなら今辞めてしまって正解でしたでしょうね。

記事を読む限り、社員を拳銃の弾丸のように新しい社員を詰め替えて使っているのでしょうね。少なくても部下のミスを背負えない上層部は良くないでしょうね。

2011/11/01(火) |URL|第4のペロリンガ [edit]

* Trackback

トラックバックURL:http://monochromism.blog103.fc2.com/tb.php/1020-473dccd7


PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。